« ストイック の 使い方 | トップページ | 二の腕 と 頭をなでる »

白菜と女性とエロス

今日、たまたま テレビをつけておりまして
N◯Kなぞ、ぼ〜〜〜と ・・したらば
たまたま「月刊やさい通信」という番組(参考ここ)

谷崎潤一郎と白菜の関係が、とても面白くてですね
白菜を女性にたとえて味わう 表現という
ちょっと エロティックな ものなのですが
ちょうど、てつさんが、エロスについて 書いていたので
タイムリーだなぁと というか
文豪がエロスについて語ると 
どうしてか様になっちゃうのが 不思議ですね
暗喩だから なのでしょうか
ストレートで すぐさまに 来なくても
文章から目を離した 後になってから
心の奥底からじわじわ 大きくなっていくような
自分の持っている物に あわててふたをしたくなるような
受取手にしか 感じられず理解し得ない エロス
発信源と受け手の想像力の 隙間が なせる技

谷崎潤一郎のためだけに存在したという白菜料理は
下茹でした白菜とふぐを一緒に煮たものでした
毒のあるふぐの味に 白くて固いはず白菜の芯が染まり
ぬるりとした白菜の舌触りが 好物だったということです

文豪って、おもしろいなぁ

つい 今はやりの万能肉そぼろと たまたま冷蔵庫にあった白菜 
白菜が 味をしみ込ませるまで
ちょっと くたくたになるまで 煮てみました

彼はどういう風にたべるのか、観察する事にしましょう

|

« ストイック の 使い方 | トップページ | 二の腕 と 頭をなでる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

ことば・思考」カテゴリの記事

コメント

谷崎潤一郎と白菜の関係・・・
なんだか興味深そうな番組ですね
食事をする・・というか、ものを食べるっていう行為って
実は結構エロティックなのかなぁ・・なんて思いました

投稿: hanano | 2010年12月 6日 (月) 19時19分

谷崎潤一郎がやたらめたらと変なものを書いていたのは知っていましたが、なになに、白菜にまで欲情しちゃうんですか。すごいなあ。
お鍋の季節になりましたね。うちはずっと石油ストーブの上でことこと煮てたんですが、犬が来てから石油ストーブはしまってしまいました。

谷崎潤一郎と言えば、『卍』という女の人の同性愛を描いた小説があります。あんまりいやらしいんで、昔読んだときはびっくりしました。

投稿: バルカローレ | 2010年12月 6日 (月) 21時57分

心葉さん、「ふぐ」はエロスの定番ですよ

暫く食べてませんが・・

「卍」・・は

もはや悲しいかな・・いやらしいと思わないかもしれません

投稿: てつ | 2010年12月 7日 (火) 00時50分

hananoさん
谷崎潤一郎は、ませガキだった自分が中学校高校で読んでいたもので、今の方がちゃんと読めるかもしれないです

放送中の時間帯も時間帯ですし、ほんと??NH◯と・・。
珍しい野菜で当時は先進的という事もあるのでしょうが、単なる白菜が〜〜って、びっくりしました(笑)
ザクロとかだとまだわかるような気もするのですが

食事は三大欲求なので、欲を満たすということと通じるのかもしれないですね。文豪恐るべし、です。

投稿: 心葉 | 2010年12月 8日 (水) 09時02分

バルカローレさん
体調いかがですか?(なでなで)身体は一つしかないので大事にしてくださいね
くたくたになった白菜、おいしいですよねアッと言う間に食べてしまいました。柔らかいもの、あたたかいもの、元気でますよ、きっと・・・

谷崎潤一郎は、男性だからこそ、『映像美』としての光景を描写できたのかもしれないですね。傍観者としてはちょっと空恐ろしいですね

私が読んでいまでも覚えているのは、「刺青」と、あと、「痴人の愛」でしょうか。「卍」はそうですか、同性愛ですか・・・。

投稿: 心葉 | 2010年12月 8日 (水) 09時18分

てつさん

てつさんが、エロスの電波がN◯Kをジャックしたかのようでした。(え?)
すごい偶然だった思うのです、めったにテレビはつけないので

なるほど、かんがえてみれば、ふぐは定番ですねテレビのコメンテーターさんは精力増進とかまで連想しなかったのだな・・ 

「卍」・・・いやらしく思えないのは、経験値でしょうか・・・そうでしょう、きっと・・・かの、てつさんですから・・・(言いたい放題すみません

想像してみて絵になるかならないかでいうと、絵になるから、文学として成り立つのか・・・絵になると、規制対象になっちゃいますからね!

う〜〜ん、ふと思うのは、物語性のない映像を見慣れてしまうより、文学でむっつりな方が、洞察力、相手を観察力する能力、想像力は養われるかもしれません。理論ですね。実践は別として・・・


投稿: 心葉 | 2010年12月 8日 (水) 09時31分

心葉さま。

ありがとうございます。
読んで下さったんですね? お心遣い痛み入ります。

てつさんのところでも書きました。診断は急性虫垂炎でした。抗生物質の点滴だけでなんとかすみました。手術じゃなくなってほっとしています。

ふぐのことは思いもよらなかったですけど、エロス(エッチ)と言えば・・・
じゃーん。
ずばり「新妻」じゃないでしょうか。^_^

投稿: バルカローレ | 2010年12月 8日 (水) 19時56分

バルカローレさん
よかった、ひどい虫垂炎にならずにすんで・・・奥様も安心した事でしょう^^
マラソン、元気になってからにしてくださいね、お願いですから

私もふぐについて、てつさんのように思いませなんだ・・
・・ふぐ、食べた事あるのかな?私・・(覚えていないってことは、ないかも)

エロスと言えば、新妻ですか、そうですか・・・私ですね

特権という事で、、堪忍してください、お代官様〜〜〜

投稿: 心葉 | 2010年12月 8日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白菜と女性とエロス:

« ストイック の 使い方 | トップページ | 二の腕 と 頭をなでる »