« いたそうな耳鼻科 | トップページ | ワンクッション »

感情のコントロール

…侮辱は相手のせいではなく、侮辱されたと思い込むせいだ。

****エピクテトス****


不快な気分になるのも、悲しい気分になるのも、
しあわせな気分になるのも、
うれしい気分になるのも、

その人の捉えかたそのものによる、ただそれだけ。

なぜ、そのような気分になったのか。
それは、自分を形作る要素にとても深く関わっているからなのではないでしょうか。

不快なのは図星だったかもしれない。
悲しかったのは、譲れない大切な部分だったかもしれない。
しあわせは満ちたりる要素であったから。
うれしいのは、きっと自分が好きなところだったから。。

興味を持ったり、おや?なんだろうと、
足を止めるようなことが起きたとき、
たとえそれがどんな物事だったとしても、
自分を知るための学びであるに過ぎないと、
そのように私は考えています。
学びきっていないとき、実は同じメッセージ性を含んでいることも多いです。
必要だからやってくる。必要な事しかやってこない。
生きることは、魂の研磨なものですから
これまでと同じ対応ではなく、
アプローチを変えて取り組まなければならない事もあると思います。
そして、本当に豊かな人というのは
いい事も一見大変なことも、とりあえず
いろんな経験が出来てありがたい事だと、
とりあえずでも 感謝できる人なのでないかと
誰かがかわりに解決してくれるわけではないから
誰のせいにもできないもの
何度も課題がやってきて、でもなんとか感情に流されず
乗り越えてきたものが多いからこそ 結果 その人は
大きく豊かな人間になっているのだと 私は思うのです

感情的になる事は、人間ですから、当たり前の事ですが
感情を波立たせているのはまぎれもなく自分自身である
という事を 容認できていないと、前に進んだとしても揺り返しがやってくるものなのではないかと。

密かに泣いてでもいいので、感情を落ち着かせてから
時間がかかっても、謙虚に冷静に眺める自分でいたいと、私は願っています。
そして、物事をふりかえったとき、
あんがいと、見えてくるものがあります
自分が持っていて、相手が持っていなかった部分ですとか
あのときの経験が、こう生きたとか、
なるほど〜じつはこういう事だったのかと、
さまざま、納得できたら御の字です。

物事自体に罪はなく、良いも悪いもなく、
自分の欲しい答えや反応ではなかったからと
よくも悪くもするのは 人間の心なのですね。

有益か有益ではないのかという判断力ですとか、
自分の事ばかりでなく、取り巻くものの曖昧さですとか、
グレーゾーンをうまく扱える人ってなかなか得難いです。

自分の感情に振り回されて相手のせいにする人が、増えたようにも思いますが、
いやまだまだ、捨てたものではないと、信じていたい自分もいるのです。

しあわせ はっぴーニュース 笑いばっかりの局番でも あればいいのになぁ

|

« いたそうな耳鼻科 | トップページ | ワンクッション »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ことば・思考」カテゴリの記事

コメント

私にはとても嬉しい記事でした。
ありがとうございます

最近は振り回される事は少ないですが、そうすると振り回されるのも悪くないと思うようになりつつ?あります・・

そうして「習熟」していくのでしょう。
そうしてから、そこから逸脱する境地に至る・・

らしい?・・です。

投稿: てつ | 2011年1月14日 (金) 10時48分

てつさん

はい いろんな要素を込めて、あえて曖昧に書きました。てつさんの受け取りたいように受け取ってくださいね

こちらこそ、いつもありがとうございます♪

投稿: 心葉 | 2011年1月14日 (金) 14時02分

心葉さん、こんばんは♪
ひとつひとつの言葉、ひとつひとつの考え方、
とっても心に響きました
ほんとうにそうよね~。。と共感することがたくさん
すてきなメッセージをありがとう

投稿: hanano | 2011年1月14日 (金) 19時17分

hananoさん

こんばんわ^^ ふと、感じた事があって、いろいろ思い起こす事もありまして・・・。

私のようなものが、今のところ行き着いた段階の考え方のひとつなのですが・・・これからまた、変容していかなくてはならない事も多くなると思っています。

hananoさんのように、広い方に、共感していただけたことは、とてもうれしく思いますありがとうございます。

投稿: 心葉 | 2011年1月14日 (金) 21時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情のコントロール:

« いたそうな耳鼻科 | トップページ | ワンクッション »