« あとからやってくる | トップページ | ページをめくる »

見えない壁

オセロは苦手です。いつも負けます。

勝ってしまいそうなときに、居心地の悪さを感じるので、考えないように適当に駒を置いちゃう。負けるの当たり前ですね。

競争するくらいなら負けた方がよいです。
勝ち負けも偶然の結果だと、後腐れがないです。

昔、理由を聞かれて、
「相手を追い詰めているような気がして」って答えたら、
「それって、自分が追い詰められるのが苦手ってことだね」
と、『裏返し』の解釈をした人がいました。

自分がされたくない事は、相手にもしないタイプの人間と、
自分がされたくないことを、これまでされてきたために、相手にぶつけるタイプの人間と、
見極める必要はありますが…、

あ、自分がされたいことを相手にするっていうのもありますね。

どちらにしろ、自分と相手の価値観を一緒にしてしまわないように、注意しなきゃー。。

相手には見えない壁がある。


自分の満たされないものを 
外に他に 求めたところで 何も生まれない。

という 走り書きも、
3年半くらい前の自分の手帳から拾いました。

むなしさをと言うものを感じるのは、本当は、その人と 何かを生み出したいという 願望 を持っていたからこそ だと気がついた・・、
そんなことを思い出しました。

|

« あとからやってくる | トップページ | ページをめくる »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えない壁:

« あとからやってくる | トップページ | ページをめくる »