« 花盛り | トップページ | 追憶 »

背泳ぎしてるみたいでしょう

昨日の夕方、(まずは第一段階)無事に退院してかえってこられました^^

<ご心配くださってる皆さま、本当にありがとうございます。思考整理のメモをかねてるので、文章が散文のようになっておりますが、どうかお許しくださいね>

子宮内除去術の最中は、発作が生じる事なく、今日は既にほとんど出血もない状態です。
とてもチームワークの取れたすばらしい先生方とスタッフの方たちでしたから、この病院にご縁があって本当に幸運でした。
婦人科の再診は再来週。こっちは大丈夫そうです。
(ただ、入院中はあまり眠れなかったせいか、今朝不整脈があって、今日病院に行って循環器の薬を追加してもらって来ました)
循環器の主治医の先生とは、ゴールデンウィーク明けに予約を入れてあります。

退院直前、循環器の先生が時間を見つけて様子を見てくれて、
「これでスタートラインだね^^よかったね」
とニコニコしてくれました。
直前まで、仕事の調整をつけて私を病院まで送ってくれたり、術中の立ち会いと退院までずっと一緒に居てくれた旦那さまが
「お前がまず元気な身体になることを最優先で考えてくれてるんだね」
スタートラインって、そういう事なのですね。
今度はカテーテルですが、まだ怖いのですけど、逃げないでがんばろうと思います。

ちょっとした事で涙が出たりする状態ではあるのですが
泣かないと乗り越えられないと思うので、ちゃんと感情は我慢しないでいようと思います。

旦那さまが、「僕は、へその緒が切れて初めて『人間』だと思うんだよね」と。
今回の事はあくまで「私」と「彼」の問題ということ・・
そして、ご縁だから、私が心から「産みたい!」と思える時があったときでよいと。
いつご縁があっても良いように、身体(状況)をまず整えようね。
彼の思考回路は、私が思うよりきっとずっと遠くまで繋がっている・・
彼が積み上げて来た人生経験と、知恵。

今の自分のように、空っぽ(リセット?)の状態であると、
私が思いもよらない方向から色んな言葉がやってきて、そのままの状態で積み上がってしまうようです。
自分の中に収まる(自分の言葉になる)まで時間は掛かりそうですが、こういう状態は、きっと自分を掘り下げていっているのかもしれないですね。
この先どんな自分にたどり着くのかわからないけど、彼が一緒だから・・

麻酔科医の先生が、手術室までベットを運んでくれている時
距離が結構あったのですが、
「背泳ぎしてるみたいでしょう^^」
と言っていました。
そのうち壁に届くから・・
水から上がってその先、どんな場所に泳ぎ付いてたか、まず上がってみないとわからない
背泳ぎって言うフレーズと、浮遊感はいつまでも感覚に残りそうです。

〜〜入院中の食事の記録〜〜
20120410hiru20120410yuu20120411hiru

〜〜帰宅して開花が増えてた水仙〜〜
20120412suisen


|

« 花盛り | トップページ | 追憶 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ヒト・交歓」カテゴリの記事

ことば・思考」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背泳ぎしてるみたいでしょう:

« 花盛り | トップページ | 追憶 »