« ミゼットブルー | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます〜 »

カテーテルアブレーションの処置室のお話

以前「処置室は撮影セット?黒ネクタイとブルーメンズ」というタイトルを考えていたんですが、
実際どういう感じだったのか、イメージ図を描いてみました。

Img_0963_2

(↑画面大きくなります。下手な絵でごめんなさい
当日は、尿道カテーテルを挿入し、補液の点滴を左手にして、車椅子で処置室へ移動しました。

自分は視力0.04のド近眼ですが、
部屋がそうとう広かったのと、大きなTVモニターがあったりして(前回の子宮内除去術の手術室よりも)近代的すぎて、怖いという感覚より、これはドラマ撮影のセットか何かだろうかと思ったくらいで、いろんな声を聞きながら、キョロキョロ見回していました。

さらにちょっと笑ってしまったのが、主治医の先生と多分サブの先生二人の格好で
色が鮮やかなブルーでした。
ちょうどこういう光沢のあるもの

Img_6772
(旦那様の前愛車)
形も、幼稚園のお遊戯会で作る衣装みたいで・・(カラーポリ袋で制作してた日々が懐かしいです。以前教諭だったので)
放射線を扱う手術ですから、防御服なのですけど

ここ(処置台)に登ってねって、いわれた階段も、高くて、尿道カテ取れたらどうしようと思ったり(取れるわけないけど)何とか寝そべって、心拍数を取るものや、モニターに心臓映すためのものとか、いろんな物を背中に色々ぺたぺた貼られて、左足に血栓防止の下肢加圧装置?を巻きつけられました。
多分、造影剤が点滴のマルチ括線から入れてました(術後おしっこの色が濃かったなぁ)

機械のオペレーターの人が結構いて、皆黒ネクタイで、もっとカラフルだったらいいのになぁとかくだらないことも考えつつ・・
今回の処置の機械は、●里大学からお借りした最新のもの。支援スタッフさんも何名か来てくださってました。
とにかく、準備する人が沢山で、処置ってこうやって行くんだなぁと思いました。
私も、放射線を防御する光沢のある灰色の布を頭まですっぽりと被せられ・・
カテ挿入部の右鼠径部と右頸部静脈を消毒され・・

局所麻酔、そんなに痛くなかったです。
耳だけはしっかり聞こえてましたので、あまり怖さは自覚していなかったですが、緊張を解す薬を筋肉注射・・アレが一番痛かったなぁ

カテーテルアブレーションの様子ですが、
首の方、右頸部静脈のカテから、頻拍を誘発させるための電流を流します。
心臓の拍動って、流れる順番が決まっているから、番号つけてるみたい。
7番と8番の間、とか、6番、とか、そういうふうに、悪さをしている余計な回路を特定していました。
入念に、番号と番号をチェックして、100w10秒、とか、何ワット何秒、数字を調整しながら回路を焼灼して行ってました。
焼灼したら、また誘発して、チェック。。
その繰り返しを、何回か行っていました。

私の場合、『房室結節リエントリー性頻拍』ではないかということでしたが、次第に、
「いや、違うぞ・・・」という雰囲気に(笑)
長引きそうだったので、麻酔追加してくださいとお願いし、90分の予定が、3時間かかりました。(旦那様心配してました・・)
実は、処置台で横たわりながら、薬効いてますから、不安よりも、、空腹感感じてました(笑)

無事に、部位の特定をして、悪さをしてる回路の遮断に成功しました。焼灼中は全く痛みは感じませんでしたが、この、決定的な部分の焼灼のときが、一番やっつけている感がありました。その後の頻拍誘発電流を流しても、発作が起きることはありませんでした。

やった〜、成功〜〜

そして、先生方は、私の病状はこうだった、ああだった、と、お話し合いで。。
やや放置(やや・・です)スタッフさんたちに術後処置を促され、主治医の先生は指示をして「成功だよ、がんばったね♪」ということになりました。いろんなもの外したり剥がしたりするのと同時に、カテーテル抜いた後は止血が勝負?ここ誰か抑えて〜とか、撤収は早いものです。
実は、たまたま私の首の止血した人が、新人さんなのか不慣れだったので、気を失いそうになったのと、太もも付け根の鼠径部の静脈と動脈が近かったせいか動脈にも傷がついたため、元いた病室ではなく、ナースステーショから近い、リカバリールーム戻りになりました。でも、次の日から歩けたので、早い復活でした

結局『発作性異所性心房頻拍』という事になりましたが、元々の所見と、頻拍のタイプが似てるんだそうです。

カテーテルアブレーションの良い所は、やっつけてしまえば、格段に症状がなくなり改善されるというところのようです。(ちなみに今回の入院と処置料金は10万円以内でした<高額医療費適用後の金額>)

最後の受診の日、ピルの服用は可能か、相談してきました。
再発の危険性が全くないとはいえない(前回の妊娠時・ホルモンバランスが崩れて発作が起きやすくなったのを考えると)けれど、
だからといって、飲んではいけないという理由にはならない、という答えをいただきました。
処置のあと、妊娠したら再発しやすくなるというわけではないですからね。
なので、もう少ししたら今度は家の近くのクリニックへ相談しに行こうと思います。

先生は、今度の10月にはまた別な病院へ行くのだそうです。
先生がこの病院に勤務してたった1年半のうち、半年間お世話になりましたから、結構ピンポイントでしたね。
最初が救急車でたまたま搬送されてからの通院でしたから、ご縁ってあるんだなぁと、そんな事考えました。

|

« ミゼットブルー | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます〜 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、さすが大学病院? 沢山のスタッフですね。
それにしても、すごい記憶力。(@_@) 私だったら、一晩寝たら忘れますね。いや、それ以前に、「出してくれーっ」って叫んでますねぇ、多分。(笑)
お元気になられたようで、よかったです。^^

♡骨皮さん
お返事遅れてすみません^^心臓は元気になりました♪
一番実感しているのは、足のむくみが少なくなったことです。
ちゃんとポンプの役割果たしてくれています。

人がたくさんいたのは、見学の人も混ざっていたからだと思います。処置で使用したものを「これは勉強用でとっておく」と話していたりしていました。

投稿: 骨皮筋右ェ門 | 2012年8月 1日 (水) 17時35分

お疲れさまでした。
チョー余裕ですね
この経験を小説とかに生かして…直木賞受賞…と、妄想しちゃいました
とにかく、お元気になられたようで、えがったえがった

♡ジャネット・ぽこ・リンさん
お返事遅れちゃいました^^;今日激務の5連勤を終えて、ずっと寝ていました。明日からまた3連勤がんばります☆
足が疲れにくくなって、それが一番、心臓が元気になったのだと実感しています。

術中の緊張を解す薬って、不安も感じさせないんですね、ある意味怖いです〜^^;

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年8月 1日 (水) 19時41分

病名覚えていたの?私だったら三歩歩いたら忘れて、いやそれ以前に覚えられないよ。
絵は上手いよ、みんなこんなに美男美女だった?
時間はかかっても、何事も無く終了。良かったね

♡西町小さん
実は、退院証明書に、病名書いてあったんです^^でも、異所性って、きっと個人によって色んな異所があるのかなぁ?先生大変だったと思います。
昨日まで怒涛のお盆勤務5日間してきたのですが、足の疲れが今までより少なかったです。明日から3日間頑張れそう。でも痩せちゃうかも〜〜

マスクしてると、みんな、美男美女に・・(笑)しかもド近眼なので、シワも見えませんでした(^m^)

投稿: 西町小 | 2012年8月 1日 (水) 21時37分

克明な記述ですね~
クレバーな心葉さんらしい
情景が目に浮かぶようなレポートでした…さすがですね♪
悪さしている回路の遮断…って、焼き切るのね
そしてちゃんと電流流して確認するんですね
ホントに電気回線みたいです^^;

お疲れ様でした♪
ちなみに…絵、お上手ですよ^^b

♡あをさん
お返事遅れました、ごめんなさい><
あをさんもお忙しい仲、コメント有難うです♡ プロの人にほめられちゃった♪
人間の体って、ものすごい精密な機械というか、そんなふうに感じました。
血液をちゃんと全身にポンプしてくれるようになったので、代謝が上がったみたいです。足がむくみにくくなりました^^

投稿: あを | 2012年8月 2日 (木) 22時45分

心葉さんのイラスト、かわいくって、とってもお上手ですよ~
私には経験のないことだけど、心葉さんの詳細レポートから、
その場の雰囲気と手術の様子がとってもよく伝わってきました。
改めて、手術成功、おめでとうございます

♡hananoさん
お返事遅れてゴメンなさい><こめんとありがとうございます。
体が元気になったので、こういうふうに、前向きに思い起こせるのかな〜って。。
簡単な処置とはいっても、ペースメーカーを一生つけ無くてはならない可能性も0ではない、そういう一面もあります;;
ラッキーって、謙虚に考えたいなぁって、そんなふうにも感じています。

投稿: hanano | 2012年8月 5日 (日) 10時02分

今更ながら、手術成功おめでとうございましたヽ(^o^)丿

三時間、長かったですね。お疲れ様でした
漸く、ブログにもお邪魔させて頂けました!

術後の回復も問題なさそうで、一安心ですね(*^_^*)

♡kayanoさ〜〜ん^^
こんばんは♪ コメントありがとうございます(*^▽^*)
手術で心臓のポンプがちゃんと機能するようになったせいか、立ち仕事の足の疲れが、次の日まで持ち越さなくなりましたよ。
ちょっといまPC時間が直単に減ってしまい、文字での更新滞りがち・・せめて代わりに写真で日々の記録を綴るアプリを使用しています。
http://my365.in/koko_ha

kayanoさんも、忙しいながら充実した時間をおすごしとのことと思います☆ お互いしあわせでいられますように♡

またあそびに伺いますね〜〜ありがとうございます♪

投稿: kayano. | 2012年10月19日 (金) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カテーテルアブレーションの処置室のお話:

« ミゼットブルー | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます〜 »